インビザライン│川崎・横浜・神奈川の見えない矯正・裏側矯正は、フォレスタ武蔵小杉矯正歯科

武蔵小杉駅から

徒歩2・3

お電話でのお問い合わせはこちら

044-750-9250

お電話でのお問い合わせはこちら

044-750-9250
044-750-9250
インビザライン

インビザラインINVISALIGN

  1. フォレスタ武蔵小杉矯正歯科  ホーム
  2. 診療案内
  3. インビザライン

インビザラインINVISALIGN

インビザライン(マウスピース型装置による矯正)とは

インビザラインとは

透明なマウスピースを使った矯正治療です。最大の特徴は、従来の装置と違い自分で取り外しが可能なところです。お食事や歯磨きの際はもちろん、大事なイベントの間だけマウスピースを外して楽しむことができます。また、透明なので装着したままでもそれほど目立ちません。

インビザラインはこんな方におすすめです

  • 装置が目立つことに抵抗がある

  • スポーツをするのでボールなどが口に当たってケガしないか心配

  • 好きなときに取り外していつもどおり食事を楽しみたい

  • 金属アレルギーがある

インビザラインのメリット・注意点

メリット

  • 透明なので矯正装置が目立たない
  • 取り外して食事を楽しんだり歯を磨いたりできる
  • 外して洗浄できるので清潔さを保てる
  • 装置で口内を切るといったトラブルが少ない
  • 非金属なので、金属アレルギーをおもちの方も安心して装着できる

注意点

  • 症例によっては治療できないケースがある
  • 1日20時間以上の装着時間を守るため、自己管理しなければならない

インビザラインの治療の流れ

初診相談から治療終了までのインビザラインの治療の流れをご紹介します。

step1

初診相談

お口の中を拝見し、カウンセリングをします。
ご本人が気になっていることや、矯正歯科治療に関する疑問や心配、ご要望など、お話をうかがいます。

初診相談

step2

精密検査

デジタルレントゲンやCTなどで、骨の内部まで精密に検査を行ないます。
マウスピース型矯正装置(アライナー)作製のために、歯型を採得します。

精密検査

step3

診断・クリンチェック・治療計画の立案

精密検査の結果を基に、インビザラインの「クリンチェック」とよばれる3Dシミュレーションで、治療開始から完了まで歯がどのように動いていくのかをモニター画面で確認しながら、治療について丁寧にご説明します。
この段階で、正確な治療期間と治療費用が決定します。
治療内容にご納得いただいた場合は、治療開始に同意をいただき、マウスピース型矯正装置(アライナー)を発注します。

診断・クリンチェック・治療計画の立案

step4

準備・矯正前治療

虫歯や歯周病がある場合は先に治療を完了し、お口の状態を整えます。同時に歯磨き指導によって正しいブラッシング方法を練習していただきます。

準備・矯正前治療

step5

矯正治療開始(装置の装着・歯の移動開始)

アメリカより当院に、上下各20~35枚程のマウスピース型矯正装置(アライナー)が届きます。
来院いただいたらまず、アライナーとひっかけるためのアタッチメントを患者さまの一部の歯に取り付けます。
また症例によっては歯を動かす空間を確保するため、歯の隣接面をわずかに削るスライスを行ないます。これはストリッピング、ディスキングともいいます。
アライナーの着脱の練習や、お手入れの方法などを覚えていただいた後、いよいよインビザラインのアライナーをはめて、歯の移動がスタートします。

矯正治療開始(装置の装着・歯の移動開始)

step6

定期チェック・通院

治療開始すぐは月に1回、その後は2~3ヵ月に1回のペースで通院していただきます。
治療の段階に応じて、アタッチメントの取り外しや装着などを行ないます。
治療期間中は、およそ10日ごとに次のアライナーに取り替えて治療を進めます。
アライナーは1日20時間以上、飲食や歯磨き以外の時間は装着しておくようにします。
歯並びの状態によって異なりますが、治療期間の目安は1~3年です。

定期チェック・通院

step7

矯正治療完了(終了時検査・保定装置作製)

歯並びが改善したら検査をし、問題なければアタッチメントなど装置をはずして、治療完了となります。
あわせて保定装置を作製します。

矯正治療完了(終了時検査・保定装置作製)

step8

保定期間

矯正治療終了後、そのままにしておくと元の歯並びに戻ってしまうので、歯の位置がしっかりと固定されるまで保定装置を装着し続けます。保定期間はだいたい2年程度で、数ヵ月に1度、チェックのために通院していただきます。

保定期間

※症例により対応出来ない場合もありますので、一度ご相談にご来院下さい。

TOP