大人の矯正(中学生以降)│川崎・横浜・神奈川の見えない矯正・裏側矯正は、フォレスタ武蔵小杉矯正歯科

武蔵小杉駅から

徒歩2・3

お電話でのお問い合わせはこちら

044-750-9250

お電話でのお問い合わせはこちら

044-750-9250
044-750-9250
大人の矯正(中学生以降)

大人の矯正(中学生以降)Adult

  1. フォレスタ武蔵小杉矯正歯科  ホーム
  2. 診療案内
  3. 大人の矯正(中学生以降)

大人の矯正(中学生以降)Adult

大人の矯正(中学生以降)

大人の矯正(中学生以降)

大人の矯正とは、骨の成長がある程度完了し、永久歯が一通り生え揃った状態から、歯並びそのものを改善していく治療のことを指します。
これに対し、子供の矯正治療は、歯ではなく成長段階にある顎の骨を動かす「一期治療(準備矯正)」と、その後永久歯が揃ってから歯並びを整える「二期(本格矯正)治療」の2つに分かれます。
大人の矯正は、この「二期治療(本格矯正)」に該当する矯正治療となります。
中学生くらいになると全ての永久歯が生え揃うので、大人の矯正が可能になります。
骨は成人までに成長が止まってしまいますが、歯の根っこは移動させることができるので、歯列矯正は何歳からでもスタートでき、遅すぎるということはありません。

大人の矯正(成人矯正)のメリット

大人になってから行なう成人矯正には、以下のようなメリットがあります。

虫歯や歯周病にかかりにくくなる

歯ブラシが奥にも届きやすくなり、歯垢が残りにくくなります。これが、虫歯や歯周病の予防に大きく貢献します。

治療後のイメージを想定しやすい

大人の矯正は成長がある程度完了している分、矯正治療後の状態をイメージしやすく、より正しく治療期間を設定できます。

表情に自信が生まれる

口元がきれいになると、表情に自信が生まれて自然と笑顔になります。仕事やプライベートでの会話が、一層楽しくなります。

歯の健康を維持できる

歯並びが悪い状態では、一部の歯に余計な負担がかかる場合がありますが、噛み合わせのバランスがよくなることで歯の健康を長く保つことができます。

大人の矯正を検討されている方へ

中学生・高校生・学生の皆さまへ

中学生・高校生・学生の皆さまへ

矯正治療は長期間に継続しながら行なっていくものですが、きれいな歯並びという、一生ものの財産を手に入れるチャンスでもあります。
大人になってから矯正治療を受けた患者さまからは、「もっと若いときに始めればよかった」というお話をよく伺います。

中学生・高校生のうちから矯正するメリット

自主的に治療を進めることができる

治療を嫌がる傾向にある小学生とは異なり、普段から虫歯予防や口内のケアを継続し、歯科医師の話をしっかり聞いて自主的に治療を進めることができます。

治療期間を短縮できる

骨が柔軟なので、大人になってから矯正を受けるよりも治療期間を短縮できる可能性があります。

就職活動や仕事などに自信を持てる

就職活動や仕事、それにイベントなど、大人になって表情の豊かさが重要となるシーンに、自信をもって臨むことができます。

成人の皆さまへ

成人の皆さまへ

矯正治療は何歳になっても受けられるものなので、始めるのに遅すぎるということはありません。近年は60歳以上になって、矯正治療を始める方も増えています。
噛み合わせの改善は、虫歯や歯周病にかかるリスクを抑える効果があります。口内やお体の状態を気にされる方は、ぜひ当院でご相談ください。矯正治療に関する不安やご質問など、どのようなことにもお答えします。

成人矯正のメリット

幅広い治療方法の中から選べる

ライフスタイルやご希望についてカウンセリングさせていただきます。そのうえで、幅広い治療方法の中からお好きな方法を選択いただけます。

モチベーションを維持できる

子供と異なり、治療に対して高いモチベーションをおもちなので、虫歯予防などの日々のケアを積極的に行ない、歯科医師のお話をよく聞いて治療を受けることができます。

治療後のイメージをしやすい

骨の成長が完了しているため、治療後の状態をイメージしやすいといえます。また、治療に必要な期間もより正確にお伝えできます。

矯正装置の種類

患者さまがご希望に合った治療方法を選択できるよう、当院ではさまざまな矯正装置を導入。症例だけから判断せず、患者さまのライフスタイルなどについてカウンセリングし、ニーズに合致する、治療中もより満足度の高い治療方法をご提案します。

裏側矯正(リンガル)

裏側矯正(リンガル)

裏側矯正はリンガル矯正ともよばれ、上下の歯の裏側に矯正装置を付ける治療方法です。従来の歯の表側に装置を付けるのとは異なり、ほかの人からはほとんど装置が見えません。人前でも安心して話せます。矯正中の見た目が気になるというストレスを軽減できます。

ハーフリンガル

ハーフリンガル

ハーフリンガルとは、口を開けたときに目立つ上側の歯を裏側矯正、あまり目立たない下側の歯を表側矯正する治療方法です。上下ともに裏側矯正するのに比べ、価格を抑えることができます。また、下を表側にすることで、上下を裏側の装置にする場合に比べて、舌の違和感が少なく快適に過ごすことができます。

表側矯正(クリアブラケット)

表側矯正(クリアブラケット)

歯の表側に装置を付けますが、従来の銀色をした金属製の装置とは異なり、クリアブラケット(透明なプラスチックなどを素材とした装置)を用います。そのため、表側矯正であってもそれほど目立ちません。

裏側矯正(リンガル)

裏側矯正(リンガル)とは

裏側矯正(リンガル)とは

裏側矯正はリンガル矯正ともよばれ、矯正装置を上下の歯の裏側に装着し、歯列を整えていく治療方法です。歯の表側矯正では装置がほかの人から見えていましたが、裏側矯正であればほとんど見えずにおしゃべりなどを楽しめます。お仕事の都合で口元の装置を見られたくない、矯正装置が目立つのが嫌だといった方のお悩みを解消します。

裏側矯正(リンガル)はこんな方におすすめです

  • ほかの人に気付かれることなく矯正治療を進めたい

  • 人から見えにくい装置を優先して選びたい

  • 上顎前突(出っ歯)など前歯が突出している

裏側矯正(リンガル)のメリット・注意点

メリット

  • 矯正装置を付けていることをほかの人に気付かれにくい
  • 上顎前突(出っ歯)などの前歯を引っ込める矯正治療に効果が高い

注意点

  • 装着しはじめは、発音がやや不明瞭になる
  • 最初のうちは舌が装置に当たる違和感がある
  • 歯の裏側を磨きづらい
  • 表側矯正と同じく、食べづらさを覚える
  • 表側矯正より価格が高くなる

ハーフリンガル

ハーフリンガルとは

ハーフリンガルとは

上の歯は裏側に、下の歯は表側に装置を付ける治療方法で、裏側矯正と表側矯正のメリットが得られます。
目立たない矯正をしたいけれど、価格を抑えたいという方におすすめです。
口を開けたときに目立つ上側の歯には裏側矯正を、目立たない下側の歯には表側矯正をすることで、装置がほとんど目立たないながらも、価格も抑えられ、予算のご都合がある方にもご検討いただきたい治療方法です。また、下を表側にすることで、上下とも裏側の装置にする場合と比べて、舌の違和感が少なく、快適に過ごすことができます。

ハーフリンガルはこんな方におすすめです

  • 裏側矯正(リンガル)よりも費用を抑えたい

  • 装置がある程度目立たなければよい

ハーフリンガルのメリット・注意点

メリット

  • 表情によってはほとんど装置が見えない
  • 裏側矯正(リンガル)より低価格で治療できる
  • 舌が装置に当たるので舌癖を改善できる

注意点

  • 装着しはじめは発音が少し不明瞭になる
  • 表情によっては下の歯の装置が見えてしまう
  • 最初のうちは舌が装置に当たることに違和感がある
  • 装置を付けたところが磨きづらい

表側矯正(クリアブラケット)

表側矯正(クリアブラケット) とは

表側矯正(クリアブラケット) とは

歯の表側に装置を付ける治療法です。リンガル矯正(裏側矯正)と対比して、ラビアル矯正ともよばれます。
従来の装置は銀色をしているうえ、金属製なのでギラつきがあり、口元が目立ってしまいました。そうした問題を解消するのが、クリアブラケットです。透明なプラスチックなどを素材とした装置なので、歯の表側に装着していてもあまり目立ちません。

表側矯正(クリアブラケット) はこんな方におすすめです

  • 目立つ矯正装置を付けたくない

  • 仕事の都合で銀色の装置を付けられない

  • 装置が多少見えるくらいであれば気にならない

表側矯正(クリアブラケット) のメリット・注意点

メリット

  • 透明な装置なので、ほかの人の目線があまり気にならない
  • 人前でお話するような仕事の方も、口元を気にせず装着できる

注意点

  • 目立たない装置ではあるものの、装置が完全に見えないわけではない
  • 装着時に口が突出したような違和感を覚える

大人の矯正(中学生以降)の治療の流れ

大人の矯正(中学生以降)の治療の流れ

患者さまのカウンセリングを通じて、症状やお悩みについて把握します。
その後、精密検査を行ない、より正確に口内の状態を分析。患者さまとお話しながら治療方針を決めていきます。
虫歯や歯周病がある場合、そちらを治療してから矯正装置を付けます。矯正期間は、装置や患者さまの状態によって変動します。
歯並びがきれいになり、矯正治療が終了した後、歯が後戻りしないよう保定。安定した状態になったことを確認して、矯正治療は完了となります。

TOP