診療案内│川崎・横浜・神奈川の見えない矯正・裏側矯正は、フォレスタ武蔵小杉矯正歯科

武蔵小杉駅から

徒歩2・3

お電話でのお問い合わせはこちら

044-750-9250

お電話でのお問い合わせはこちら

044-750-9250
044-750-9250
診療案内

診療案内Orthodontics

  1. フォレスタ武蔵小杉矯正歯科  ホーム
  2. 診療案内

診療案内Orthodontics

大人の矯正(中学生以降)

大人の矯正(中学生以降)

大人の矯正とは、骨の成長がある程度完了し、永久歯が一通り生え揃った状態から、歯並びそのものを改善していく治療のことを指します。
中学生くらいになると永久歯が生え揃うので、大人の矯正が可能になります。
中学生や高校生の方であれば、まだ骨が成長過程にあり、矯正治療によって発達の歪みを未然に防ぎ、顎骨を整えられる可能性があります。骨の成長が完了した成人の方であれば、現状の顎骨をいかして歯並びを整えることができます。

裏側矯正(リンガル)/ハーフリンガル

また、成人の方は、お仕事やプライベート、それにイベントなど、口元が気になるシーンが数々あります。矯正治療をしていることを知られたくない、接客業や営業職などの方には裏側矯正(リンガル)を、また、目立つ装置はイヤだがコストも抑えたい方はハーフリンガル(片顎だけ裏側矯正にする治療法)など、ライフスタイルにあわせた様々な治療方法をご提案しています。
歯並びをきれいにすることで表情に自信が出てきて、自然と笑顔を振りまけるようになった患者さまもいらっしゃいます。
矯正治療に年齢制限はありません。最近では、60代で矯正治療を始めたという方も増えています。口内の状態が良好であれば治療をスタートできますので、興味のある方はご相談ください。

子供の矯正

子供の矯正

子供の矯正治療は、まだ成長期にある子供のための「一期治療(準備矯正)」と、永久歯が生え揃う中学生くらいから行なう「二期治療(本格矯正)」に分かれます。
まだ永久歯が生えていない、または乳歯が混在しているような小さい子供であれば、顎の骨の成長をコントロールしながら治療する「一期治療(準備矯正)」に相当。一期治療を受けることで、さまざまなメリットが考えられます。
「一期治療(準備矯正)」を受ける子供は、成長著しいため顎の骨を動かしやすく、上下の顎のバランスを整えることができます。こうして歯並び改善の土台づくりをすることで、歯を移動するためのスペースをつくったり、永久歯が正しい位置から生えてくるよう誘導したりできます。
そのため、抜歯することなく歯列を整えられる「非抜歯矯正」の可能性が高まります。またたとえ抜歯が必要となった場合でも、「一期治療(準備矯正)」で歯を並べる土台である顎骨の状態を整えてあるため、口元をひっこめやすいなど、「二期治療(本格矯正)」の結果がより良いものになります。
また、成長過程にある子供の歯はスムーズに動くので、大人に比べて矯正期間を短縮できる可能性もあります。一期治療の結果、二期治療で歯並びを調整する場合もありますが、一期治療だけで歯並びが非常に良くなり、二期治療の必要がないケースもあります。
歯並びが悪い子供は、将来的なリスクを軽減するためにも早期発見し、早めに治療を始めることが望まれます。お子さまの歯並びが気になる場合は、カウンセリングだけのご来院でも結構ですので、ぜひ当院でご相談ください。

TOP