治療の流れ│川崎・横浜・神奈川の見えない矯正・裏側矯正は、フォレスタ武蔵小杉矯正歯科

武蔵小杉駅から

徒歩2・3

お電話でのお問い合わせはこちら

044-750-9250

お電話でのお問い合わせはこちら

044-750-9250
044-750-9250
治療の流れ

治療の流れFlow

  1. フォレスタ武蔵小杉矯正歯科  ホーム
  2. 治療の流れ

治療の流れFlow

治療の流れ

子供の矯正治療(一期治療・準備矯正)と大人の矯正治療(二期治療・本格矯正/中学生以降)では治療の流れが異なります。ここではそれぞれの治療の流れを詳しくご説明いたします。

治療の流れ

大人の矯正治療(中学生以降)の流れ

step1

初診相談

お口の中を拝見し、カウンセリングをします。
ご本人が気になっていることや、矯正歯科治療に関する疑問や心配、ご要望など、お話をうかがいます。

初診相談

step2

精密検査

デジタルレントゲンやCTなどで、骨の内部まで精密に検査を行ないます。
視診ではわからない神経や骨の状態まで考慮して、矯正治療に影響するリスクがないかなど、確認します。

精密検査

step3

診断

患者さまからうかがったご要望と、精密検査の結果を基に、最適な治療方法をご提案し、治療方針の説明や治療期間の見通し、ご予算などを明示します。この診断に納得いただいたうえで、実際に治療を開始するか患者さまに決定していただきます。

診断

step4

準備・矯正前治療

虫歯や歯周病がある場合は先に治療を完了し、お口の状態を整えます。同時に歯磨き指導によって正しいブラッシング方法を練習していただきます。

準備・矯正前治療

step5

矯正治療開始(装置の装着・歯の移動開始)

お選びいただいた装置を歯に装着したら、いよいよ歯を移動させる、矯正治療がスタートします。症例にもよりますが、歯周組織の代謝を生かしながら、数ヵ月~3年ほどかけて、無理なくしっかりと理想の位置まで歯を移動させます。
矯正治療中は、通常2~4週間に1回の頻度で通院し、調整処置を受けていただきます。

矯正治療開始(装置の装着・歯の移動開始)

step6

矯正治療完了(終了時検査・保定装置作製)

歯並びが改善したら検査をし、問題なければ矯正装置をはずして、治療完了となります。
あわせて保定装置を作製します。

矯正治療完了(終了時検査・保定装置作製)

step7

保定期間

矯正治療終了後、そのままにしておくと元の歯並びに戻ってしまうので、歯の位置がしっかりと固定されるまで保定装置を装着し続けます。保定期間はだいたい2年程度で、数ヵ月に1度、チェックのために通院していただきます。

保定期間

子供の矯正治療の流れ

step1

初診相談

お子さまのお口の中を拝見し、保護者の方と一緒にカウンセリングをします。
気になっていることや、矯正歯科治療に関する疑問や心配、ご要望など、お話をうかがいます。

初診相談

step2

精密検査

デジタルレントゲンやCTなどで、骨の内部まで精密に検査を行ないます。
視診ではわからない神経や骨の状態まで考慮して、矯正治療に影響のあるリスクがないかなど、確認します。

精密検査

step3

診断

ご要望と精密検査の結果を基に、最適な治療方法をご提案し、治療方針の説明や治療期間の見通し、ご予算などを明示します。この診断に納得いただいたうえで、実際に治療を開始するか患者さまに決定していただきます。
なお、子供の矯正治療を始めるのに適した時期はそれぞれ異なり、経過観察となるケースもあります。経過観察の場合は、数ヵ月~1年後に再来院していただきます。

診断

step4

準備・矯正前治療

矯正治療を始める場合は、まず虫歯や歯周病がある場合は先に治療を完了し、お口の状態を整えます。同時に歯磨き指導によって、お子さまご自身や保護者の方に、正しいブラッシング方法を練習していただきます。

準備・矯正前治療

step5

矯正治療開始

・一期治療(準備矯正)から始める場合
(乳歯のみ、あるいは乳歯と永久歯が混在している時期が目安)

(1)一期治療(準備矯正)顎骨の形を整える治療

マウスピース型の装置やヘッドギアなど症例に応じて、1日中または就寝時のみ装着し、骨の成長をコントロールして、あるべき顎の方に整えていきます。治療開始の時期や症例にもよりますが、途中お休みしながら数年間、治療と経過観察を続けていきます。

(2)二期治療(本格矯正)前検査

骨の成長がある程度完成して、永久歯が生えそろったら、いよいよ歯並びを治す二期治療(本格矯正)に移ります。治療が可能な状態か、改めて精密検査を行ない、ご希望の矯正装置をお選びいただきます。

・二期治療(本格矯正)から始める場合
(永久歯列が生えそろい、骨の成長がほぼ完了している方はここからスタート)

(3)二期治療(本格矯正)歯並びを整える治療

「二期治療(本格矯正)」=「大人の矯正と同様の治療」になります。
お選びいただいた装置を歯に装着したら、いよいよ歯を移動させる、矯正治療がスタートします。症例にもよりますが、歯周組織の代謝を生かしながら、数ヵ月~3年ほどかけて、無理なくしっかりと理想の位置まで歯を移動させます。
矯正治療中は、通常2~4週間に1回の頻度で通院し、調整処置を受けていただきます。

step6

矯正治療完了(終了時検査・保定装置作製)

歯並びが改善したら検査をし、問題なければ矯正装置をはずして、治療完了となります。
あわせて保定装置を作製します。

矯正治療完了(終了時検査・保定装置作製)

step7

保定期間

矯正治療終了後、そのままにしておくと元の歯並びに戻ってしまうので、歯の位置がしっかりと固定されるまで保定装置を装着し続けます。保定期間はだいたい2年程度で、数ヵ月に1度、チェックのために通院していただきます。

保定期間
TOP