ブログ(記事詳細)│川崎市の見えない矯正・裏側矯正は、フォレスタ武蔵小杉矯正歯科

武蔵小杉駅から

徒歩2・3

お電話でのお問い合わせはこちら

044-750-9250

お電話でのお問い合わせはこちら

044-750-9250
044-750-9250
医院ブログ
医院ブログBLOG
  1. フォレスタ武蔵小杉矯正歯科  ホーム
  2. 医院ブログ
  3. 歯磨き粉の種類 2

歯磨き粉の種類 2

2019.10.18

今回は歯周病予防の歯磨き粉についてお話しをさせていただきます。


ドラッグストアなどにたくさんの種類の歯磨き粉が並んでいますが、気を付けて頂きたい成分があります。

まずは、研磨剤が多く含まれている歯磨き粉です。

研磨剤を多く含んだ歯磨き粉を使用することで歯の表面のエナメル質が削れてしまったり、歯茎を傷つけてしまい、歯周病の悪化の原因や知覚過敏の原因になりうることがあります。

 

市販で“ホワイトニング”を謳う歯磨き粉には、たいてい研磨剤が含まれています。成分表を見て、“炭酸カルシウム”や“炭酸水素ナトリウム・無水ケイ酸”と表示されていることもあるのでチェックしてみて下さい。

 

ただ、研磨剤自体は悪いものではありません!

研磨剤にはステイン(コーヒー・お茶・タバコなどによって歯が黄ばんだり着色すること)を落とす成分が含まれているため、ほとんどの歯磨き粉に配合されています。

研磨剤にはステインを落とす効果がありますが、歯が傷つきやすいことはお伝えしました。研磨剤によって、エナメル質の表面にできてしまった細かい傷には、汚れが詰まり、さらに汚れて見えるという悪循環になる可能性もあります。

ステイン除去の歯磨き粉は週に1度程度にしたり、コーヒー・お茶・タバコの量を減らすことで歯や歯茎への負担を軽減することができるのです。

 

また発泡剤(ラウリル硫酸ナトリウム)も、可能な限り少ないものをおすすめします。

発泡剤が多く含まれていると、軽いブラッシングで泡立つため“しっかり磨けた”と錯覚してしまうことがあります。長い時間をかけて隅々までブラシを立てて歯を磨き、歯磨き粉の薬効成分を行き届かせるのが理想的です。

ぜひ今使っている歯磨き粉や、新しく購入される際に、成分をチェックしてみてください☆

低発泡・低研磨の歯磨き粉や、研磨剤不使用、発泡剤不使用のジェル状の歯磨き粉をおすすめします!


当院には歯磨きが出来るスペースがございますので、治療前に歯磨きをする時間がない場合は遠慮なくご利用ください。

歯磨き粉の種類 2


TOP